ブラインドで窓辺をおしゃれにコーディネート

家庭でもブラインドを

ブラインドと言えばオフィスのイメージかもしれませんが、普通の家庭でもブラインドを使うことで窓辺をおしゃれに演出することができます。直射日光や視線をカットしつつ、明るさや風を取り入れることができるブラインドは上手に使うことで、部屋を明るく広く見せることができるのです。

ブラインドの特徴とは

ブラインドには光を調整できる優れた機能があります。羽の角度の調整で光の量や風を調整するのです。冬は陽射しを採り入れて、部屋を明るく暖かく保ち、夏は強い日光を遮って、風を採り入れて涼しくします。そのため、省エネ効果が得られます。羽の角度を調整することで室内からは外が見えるけれど外からは中が見えないようにするなど、視線を遮ることができます。

横型ブラインドと縦型ブラインド

ブラインドには横型ブラインドと縦型ブラインドがあります。

横型ブラインドはベネシャン・ブラインドとも言われ、ベネチア生まれのブラインドです。羽を上下に動かすことで、視線と光を調整します。色や種類が豊富で、カーテンなどとの組み合わせも楽しむことができます。

縦型ブラインドはバーチカル・ブラインドとも呼ばれ、カーテンとブラインド両方の長所を持っており、見た目がシャープでスタイリッシュです。人が通るところだけを開けられるので、掃き出し窓や仕切りとして使われることが多いようです。ただ、風が吹くとスラットが音を立てるという欠点があります。

ブラインドを上手に活用しよう

ブラインドを使うとカーテンよりもシャープですっきりとした印象にすることができます。上手に取り入れると生活感を減らしてすっきりした印象になり、外の眺めも取り入れることができます。カーテンやソファなどとカラーコーディネートすると、ぐっとおしゃれな印象になります。

オーダーのブラインドは、自分の家の窓のサイズにぴったり合う使い勝手の良いブラインドが欲しい時におすすめのアイテムです。