撮った写真はどう残す?分類はすべきなの?

一定の基準で分類してすべて残しておく

写真を撮る手段として、最近はデジタルカメラ、スマートフォンが主流になっています。撮影された写真はデジタル映像として保存できます。本体にそのまま残す人もいるでしょうが、パソコンやストレージに保存し直す人もいます。撮影されたときは、カメラやスマホなどに一定のファイル名が付けられて保存されます。ただこの名前は数字や記号等なので、後でファイル名だけを見ても何を撮影したのかわかりません。残し方として、まずは撮影したものをすべて残す方法があります。簡単なのは、日付ごとのフォルダを作って管理する方法でしょう。撮影した内容ごとで分類する方法もありますが、数が多くなると分類が大変になります。すべて残していれば、消して損したを無くせます。

ストレージのみに保存するのは危険

データを保存するときに使うのがストレージです。一般的にはハードディスクになるでしょう。パソコンに内蔵されているものの他、外付けであったりネットワーク上のサービスも利用できます。デジカメで撮影した写真がたまってくると、それをハードディスクに保存するかもしれません。それだけで安心してしまいがちですが、少し危険かもしれません。ハードディスクはそれなりに寿命があるからです。絶対に失いたくないなら、そのための対応も考えておきましょう。ハードディスクではなく、DVDなどのメディアに保存する方法があります。こちらも寿命はありますが、ハードディスクよりも長く保存できるでしょう。印刷をして残しておけば、ハードディスクのトラブルでも残せます。

子供の成長の記録にオススメのフォトブック。インターネット上でデータをアップロードするだけで、素敵なアルバムが作成できます。