トラブルを極力避けられる!機械式時計の手入れ

皮脂や垢を綺麗に取り除く事

機械式時計を使用する際、少しずつではありますが皮脂や垢によって、汚れが発生していきます。あまりにも汚れている場合には、見た目が悪くなってしまって、魅力を失う一つの要因を作ってしまいます。皮脂や垢をタオルでふき取って、綺麗な状態に手入れすれば、何時までも快適に使用できるようになります。特に機械式腕時計の場合には、多くの皮脂や垢が付着しやすいです。大切な機械式時計を守る為にも定期的に拭きとって、綺麗な状態を保たないといけません。

埃やゴミが詰まらないように注意

埃やゴミや機械式時計にとって、大きな天敵になります。たくさんの部品やパーツが組み合わさって機械式時計は本来の機能を発揮します。埃やゴミのせいで、本来の機能を発揮する事が難しくなり、故障の原因にもなるのでなんとしても埃やゴミが詰まらないように注意しないといけないです。ピンセットや爪楊枝など細かい部分までメンテナンスを行える道具を揃えておけば、気軽に手入れを実施できるので埃やゴミが原因で故障してしまう可能性を下げられます。

手入れ中は静電気に気をつけること

特に冬場の手入れは注意しなくてはいけなくて、手入れ中に静電気が発生してしまうと大切な部品やパーツが破損してしまう恐れが出てきます。そうなると個人では修理するのが難しくなり、機械式時計の修理を実施している業者に依頼しなくてはいけないので要注意です。静電気が発生しないように対策を行っておけば、手入れ中に発生する可能性を減らせます。静電気も機械式時計を壊してしまう要因の一つなので、発生しないように配慮しなくてはいけないです。

パテックフィリップとは、1839年に二人のポーランド人によって創業されたスイスの高級時計メーカーです。