ペットの歯は大丈夫?デンタルケアの重要性

犬や猫でも歯周病になる

歯のある動物のほとんどは、歯周病になる危険性があります。特に犬や猫などは、3歳以上であればその約8割が歯周病と予測されています。歯周病になると歯茎から出血が起きるばかりか、歯のぐらつきや虫歯になってしまう可能性もあります。万が一疑いのある症状があれば、動物病院で治療ができます。放置していると食べものが食べれなくなってしまう恐れもあり、ペットのストレスが増すばかりです。気になる症状があれば、早めに診てもらうことが大切です。

正しいブラッシングを

歯周病の予防としては、やはりブラッシングが欠かせません。ペットが嫌がるような場合でも、食事後にブラッシングを習慣にしなければ歯周病は防げないのです。動物病院ではこのようなブラッシング指導も行っています。ブラッシングを拒否するペットに対しては工夫を取り入れたり、正しいブラッシングを分かりやすくアドバイスしてくれます。歯の大きさに合わせた歯ブラシも紹介してくれるので、間違いのないデンタルケアが目指せます。

定期的な検診が歯を守る

歯周病の予防は日ごろのブラッシング以外にも、定期的に検診を受けることも効果的です。検診ではそのときの歯の状態を詳しく診てくれる他、歯石の除去やフッ素塗布を行うところもあります。歯石は歯周病の原因になってしまうので、ブラッシングでは取り切れないものを除去してもらえば健康的な歯が守られます。フッ素塗布は虫歯になりにくい歯を促すため、ペットが高齢になっても丈夫な歯が保たれる可能性が高まります。行きつけの動物病院に歯の定期健診のことを聞けば、具体的なスケジュールを教えてくれるでしょう。

飼育している動物の種類や、希望する診療内容に合わせて情報収集をするのが、千葉の動物病院を探す場合の基本です。