自然の外断熱で省エネ!地球にとっても優しい屋上緑化!

土地が無くても緑化は出来る。

屋上緑化とは、文字通り「建物の屋上部分を緑化する」ことを言います。都心部などでは特に余っている土地がありませんよね。緑化しようにも土地が無ければどうしようもありません。そんな時に着目されたのが、ビルやマンションなど構造物の屋上部分です。屋上なら陽当たりなどの問題もクリアになり、緑化にはうってつけの環境なんです。

屋上緑化のメリット。

屋上を緑化することで得られる効果はどんなものがあるのでしょうか。まず一つに、「植物の蒸散作用によって建物周囲の温度を下げる」という働きが挙げられます。ヒートアイランド現象などで特に問題となっている都心部において、温度を下げる働きは地球温暖化の観点から見てもとても重要な働きですね。また、「土、植物による外断熱効果」も屋上緑化のメリットの一つです。屋上は太陽光が最もよくあたる場所とも言えます。その太陽光線を植物、そして土が遮ってくれることで、建物の温度上昇を抑えてくれるのです。まさに自然界の外断熱材ですね。建物の温度上昇が抑えられればエアコン効率の向上、省エネへとつながります。その他に「癒し・憩いの場」としての働きも見逃せません。無味貫通なコンクリート構造物群の中に植物の緑色が入ることで、人々の心にゆとりと安らぎを与えてくれます。

屋上緑化するうえで注意すること。

メリットの多い屋上緑化ですが、注意点もいくつかあります。まずは「構造物の耐久性」ですね。古くからある既存構造物の多くは、屋上部分に荷重がかかることを想定していない造りになっています。屋上に植物、土、そして水の重さが加わると想像以上に重くなるので注意しましょう。また、屋上は強風が吹くこともあるため、芝など背の低い植物を中心に植えるようにしましょう。

屋上緑化は建物の屋上に植物を植えることで建物の断熱効果をあげるほか、土による保水力の向上でゲリラ豪雨による都市型洪水やヒートアイランド現象を抑制するなど、様々なメリットがあります。